しなの木ハウス

リンク

フェイスブックはこちら

加藤鯉店 お買い物はこちら

長野県水産試験場
信州黄金シャモ
信濃農園
HOME»  Information»  素材へのこだわり

素材へのこだわり

素材のこだわり

『おいしい食品はおいしい素材から』
"しなの木ハウス"では信州の厳選された食材を使用しております。
今話題の「信州黄金シャモ」「信濃地鶏」「信州ハーブ鶏」といった
しなの木ハウスこだわりの食材を紹介いたします。

信州黄金シャモ

見た目も味も“とびっきり”な地鶏です

信州黄金シャモは父親に「シャモ」、母親に「名古屋種」の血筋を誇るブランド地鶏です。「信州の大自然の中で育ち、羽色と料理の焼き色が黄金色に輝く」ことから、料理研究家の服部幸應先生が命名されました。
美味しさの秘密は、地鶏ならではの歯応えと、うまみ系アミノ酸のアスパラギン酸・グルタミン酸が、これまでの地鶏と比べて豊富に含まれているところ。その割に脂肪分とカロリーが少なくヘルシーな点も見逃せません。
しなの木ハウスでは、優れた特長を持つ信州黄金シャモの持ち味を出来るだけ生かして、「美味しくてかつ体にも優しい」、そんなビジョンに基づいてスモーク製品を製造しています。特にこの信州黄金シャモの自社ブランドラインでは、合成保存料・着色料、酸味料、香料、リン酸塩はもとより、化学調味料も一切使わずに、素材そのものが持つ豊富な旨み成分を引き出しました。
 

信州黄金シャモ
信州ハーブ鶏
『信州ハーブ鶏』は、ミヤマブロイラー株式会社さんとマルイチ産商株式会社さんが、消費者の安全志向と地産地消を旨に共同開発した商品です。
出荷日の40日前後からエサとなる飼料に天然ハーブとビタミンEを配合することにより、脂肪の酸化が抑制され、程よい風味が生まれます。
鶏肉臭さが緩和されて、癖のない身質と自然な鶏肉の旨みが特長です。
 
 
信濃地鶏

日本中の地鶏の中でも、例を見ないほどの素晴らしい飼育環境で育てられた『信濃地鶏』。北信五岳を望む高原の、澄んだ空気と湧き水。そこに1平方メートルあたり1.25羽という極薄な平飼いで、のびのびと走り回って育てられました。

この信濃地鶏は、長野県が平成元年度より県の事業として取り組んできた「信濃鶏 銘柄確立事業」の成果です。肉質が良好で生産性がよく病気にも強いとして、軍鶏のオスとホワイトプリマスロックのメスを交配。「しなの鶏」として平成9年度に公表しました。信濃地鶏はこの「しなの鶏」を元にしたブランド地鶏です。

『信濃農園』さんは、この「しなの鶏」を理想的な飼育環境で育てています。寒暖の差が激しい高冷地で四方を森林に囲まれた農園には豊かな自然環境が残り、補助エサとなるイナゴやバッタ等の昆虫の宝庫です。鶏たちにとって欠かすことの出来ない飲み水は、人が飲める程きれいな湧き水が使われています。

また飼育飼料にも拘り、独自の配合で工夫され、ブロイラーでは当たり前となった抗生物質と抗菌剤の使用も、厳しい自社基準に従って禁止しています。

鶏肉本来の美味しさの追求と安全性の確保。『信濃地鶏』は多くの方々の期待を背負って今日も元気にエサをついばみます。
 

信濃地鶏

信濃地鶏
信州サーモン
『信州サーモン』は、長野県水産試験場が「信州でしか味わえない、信州ならではの食材で皆様をお迎えしたい」との願いのもと、約10年もの歳月をかけて開発したお魚です。
最新のバイテク技術により、「ニジマス」のメスと「ブラウントラウト」のオスを交配して、両者の良いところを受け継いだ全く新しい魚です。
ニジマスの美味しさをそのままに、ブラウントラウトから病気に強い体質を引き継ぎました。

■食材としての特長
・淡水魚特有の臭いがほとんど無い。
・身質はきめが細かく、食感は、程よい弾力感とまったりとした舌触りがある。
・適度な脂ののりがあり、それもしつこくなくキレが良い。
・年間を通じて肉質が安定している。
信州サーモン